Google「Pixel」内臓カメラで顔をスキャンしアバターに合成できる「Dacuda SLAMスキャンアルゴリズム」

スイス・チューリッヒベースのテクノロジーチーム「Dacuda」は、CES 2017にてGoogleのスマートフォン「Pixel」を使用して自分の顔をスキャンする技術を披露しました。

Dacuda SLAMスキャンアルゴリズムは、通常のスマートフォンを強力な3Dスキャナに変えます。GoogleのTangoやIntelのRealSenseと違ってスマートフォンに既存で整備されている内臓カメラで実行することができ、すべての処理はデバイス上で行われ、データはアバターなどの映像に合わせることが可能になります。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る