ユニティ、VR内でVRコンテンツを作成するツール「EditorVR」を公式に無料リリース。HTC Vive/Oculus Rift(Touch)に対応

Unity Technologiesは、VR内で3Dゲーム開発が直感的にできるVRオーサリングツール「EditorVR Experimental Build」を公式に無料リリースしました。

EditorVRとは、ハイエンドVRシステム上で動作しプログラミングを必要としないVRコンテンツ開発ツールです。Oculus RiftおよびHTC Viveに対応しており、それぞれのモーションコントローラを駆使して直感的に操作することを可能にします。

これまでいろんなカンファレンスでデモが披露されてきましたが、今日、試験的ビルドが正式に公開され利用可能になりました。ダウンロードはこちらから。EditorVR Experimental Build」と「EditorVR Unity Asset Package」も。

また、オープンソースでありユーザーがそれぞれカスタマイズすることができます。GitHubのOpen APIページはこちら。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る