国際宇宙ステーション(ISS)観測用モジュール「キューポラ」から地球を撮影した360°4K映像が公開

国際宇宙ステーション(ISS)の観測用モジュール「Cupola(キューポラ)」からの360°4K映像がRTニュースのYouTubeアカウントにて公開されました。

iss

「Andrey Borisenko(アンドレイ・ボリセンコ)」宇宙飛行士の自撮りから始まり、1分20秒あたりから窓が見えてきてだんだんと地球が見えてくる様子を確認することができます。

キューポラとは、7枚の窓とロボットアームが整備された観測用の小型ユニットで、欧州宇宙機関(ESA)によって2010年に建設されました。視野が広いため、船外活動や地球・天体などの観測用に使用されています。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る