VR内で共同作業を可能にするエンタープライズ向けVRプラットフォーム「Skofield」のベータが登場

企業や公共部門向けのバーチャルリアリティソリューションを提供する米カルフォルニアベースの「WorldViz」は、複雑なプロジェクトをVR内で共同作業する新しいVRコミュニケーションプラットフォーム「Skofield」を発表しました。

skofield

Skofieldは、複数人がVR内で共同作業できるリモート型VRワークスペースです。既存のビデオ会議ではできないVR内での存在感と視覚的効果での共有などを提供します。音声と視線追跡も整備しており、後で参照できるようにミーティングを記録することもできます。

Skofieldは、Oculus RiftやHTC Vive、WorldVizが既にサポートしているすべてのモバイルデバイスなど、多くのVRハードウェアシステムをサポートします。ベータ版の受付はこちらから。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る