Google、VR/ARヘッドセットの視線操作を得意とするチーム「Eyefluence」を買収

VRやARなどで使用する視線コントロールを得意とするシリコンバレーベースのスタートアップ「Eyefluence」は、Googleに買収されることを自社のブログで発表しました。詳細は公開されていません。

acquisition-announcement-graphic

Eyefluenceは、2013年に創設され、IntelやMotorolaなどから総額2160万ドルの出資を獲得している注目のスタートアップで、とりわけVR/AR/MRヘッドセットに向けたアイトラッキング・ソリューションに力を入れています。

以前にも、先日開催されたAugmented World Expo(AWE)にて、Founder兼CEOのJim Marggraff氏から最新のアイ・インタラクション技術デモが披露されました。

独自のヘッドセットから天気を確認したり、フォトアルバムを見に行ったり、オンラインショッピングをしたり、テキストメッセージでやりとりしたり、など、既存のスマートフォンやPCでやるような操作を視線ベースで行います。(一部音声入力あり)

e2

高速ハンズフリーナビゲーション、その人物だと特定する生体認証システム「バイオメトリックセキュリティ」。他にも、ヘッドセットのフロントに搭載しているカメラを使って買いたい商品をスキャンし、その流れからAmazonに接続で購入するという購買フローを視線のみで披露したりも、映像で確認できます。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る