人差し指ミニタッチパッッド付きVRモーションハンドコントローラ「Finch DK1」が登場。両手で238ドル

ロシアベースのVRチーム「Finch VR」は、VRヘッドセットなどと組み合わせてジェスチャー操作を可能にするハンドコントローラ「Finch DK1」のプリオーダーを開始しました。

finch

Finchは、腕の部分と手の部分に装着するワイヤレスデバイスで、親指、人差し指、中指の3か所のセンサーと連動して活用します。手首センサー、指センサー、アームセンサーで構成されており、人差し指にはタッチパッドも搭載しています。

finch2

手首センサーの重量75g、10時間以上のバッテリ寿命、Bluetooth接続によるワイヤレス、IMUセンサー搭載外部カメラなどに依存しないモーションキャプチャ、レイテンシ7.5ms、人差し指のミニタッチパッドに親指を擦り合わせることでスワイプ、タップ、クリック操作を可能にします。

finch

用途は、モバイルVR、PC向けVRシステム、ドローン、ロボット操作など、WindowsとAndroidに互換性があります。

セットパックには、アーム、手首、各2つずつ、PC接続用Bluetoothアダプタ、充電ケーブル、SDK/API、3つのゲームデモが入っています。価格は238ドル(約2.4万円)➕送料、日本からの購入は未確認です。公式ページはこちら。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る