VRに人間だけの実写3D映像を映し出す技術を開発する「8i」、米TIMEと提携で火星VRコンテンツを制作

VR内に人だけの実写3D映像を映し出すことができる技術を開発している「8i」は、米TIMEと提携したことを発表しました。

lifevr-940x599

TIMEは、先月にTIMEブランドからのすべてのVRコンテンツを収容するVRプラットフォームLifeVRを発表しており、来年初めに新たなコンテンツ「Messages to Mars」として8iの技術を使用した火星と元NASA宇宙飛行士Buzz Aldrin氏とミュージシャンのReggie Watts氏を映し出した体験コンテンツを発表するとしています。

Buzz Aldrin氏が、火星に人間を送るためのビジョンを共有し、Reggie Watts氏がビートボクシングスタイルで歌を披露します。

0-ra0c27np3rlh0vj

8iは、ウェリントン、ニュージーランド、ロサンゼルスに拠点を置き、すでにシリーズAラウンドでSamsung VenturesやDolbyらから1,350万ドルを調達しているスタートアップです。公式ページはこちら。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る