Valve、PC向けワイヤレスVRシステムを開発するため60Ghz帯ベース伝送に取り組む「Nitero」に投資

Valveは、2016年10月12-13日にシアトルで開催の年次開発者カンファレンスSteam Dev Daysにおいて、60Ghz帯の無線通信規格をベースとしたVRワイヤレスソリューションに取り組んでいる会社に投資していることを発表、スタートアップチップメーカー「Nitero」がTwitterで我々だろうと認めました。

ミリ波に属する60GHz帯を使用することで、7-9GHzもの広い帯域を使い、最大で7Gビット/秒の無線伝送を行うとされており、PCからHMDへの転送を無線で行えると期待されているソリューションです。

60GHz帯をベースとしたビデオ圧縮とを組み合わせ低レイテンシでデータ送信するアプローチに取り組んでいるのが「Nitero」になります。

nitero

これにより、Valveは将来的にPCベースのVRシステムをワイヤレスにすることを示しました。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る