VR内で3Dモデルを直感的に作成できるツール「Gravity Sketch VR」がKickstarterに登場。描いた作品は3Dプリンタで出力してくれるサービスとも連動

ロンドンベースのスタートアップ「Gravity Sketch」は、VRで3Dモデルを直感的に作成できるアプリをKickstarterで開始しました。

gravity-sketch2

もともと、iPad、iPhone(beta)で指やペンを使って直感的に3Dモデリングが設計できるツールアプリを開発しておりリリースもしています。その拡張として、MacとWindowsのデスクトップ版と、HTC ViveとOculus RiftのVR版を開発するためにキャンペーンを開始した流れです。イメージとしては、GoogleのVRペイントアプリ「Tilt Brush」が分かりやすいかもしれません。

kickstarter

作成した3Dモデルは、SNSやSketchfab上でシェアすること、そしてVR/ARで体験することができます。さらに、3DプリントサービスShapewaysとも提携しており、アプリから直接オーダーすることも可能で、作成した3Dモデルを3Dプリンタで出力するまでを完結してくれます。

78eab628ab28dea559e66c1c4d7ccce8_original

ライセンスの一般販売としては、45GBP(約5,900円)の提供を考えていて、Kickstarterの出資者には25GBP(約3,300円)で手に入れることを可能にしています。募集ページはこちら

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る