ハーバード大学、コンピューターサイエンス講義「CS50」を360°映像VRで公開。カメラはNokia「OZO」を使用

ハーバード大学のコンピューターサイエンス、コンピュータ言語を習う講義「CS50」が、講義の様子を360°映像およびVRで公開しました。

harvard

YouTubeFacebook上での360°映像に加え、Gear VR、Oculus Rift、HTC Viveで視聴することが可能です。工夫している点として、講義で使用されている見えにくいモニター画面を下に再表示していることです。

カメラは、NokiaのOZOを使用。1台45,000ドル(約454万円)する業務用VRカメラです。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る