スマホで撮影した3D画像をHoloLensで閲覧できるプラットフォームが登場

米国サンフランシスコベースのコンピュータビジョンチーム「Fyusion」は、任意のモバイルデバイス上でその周囲をキャプチャし、AR/MRヘッドセットで見ることができる3Dホログラム画像にこれらを変換するためのプラットフォームを発表しました。

fyusion

Fyusionは、もともとスマートフォンで3D画像が撮れる空間撮影アプリ「Fyuse(iOS/Android)」をリリースしているチームで、今回、キャプチャした画像をホログラムコンテンツとして変換する能力が与えられ、Microsoft HoloLensなどのAR/MRデバイス上で閲覧することを可能にしました。

1473292982

Fyusionの特許取得済みの3D時空間プラットフォームは、高度なセンサフュージョン、機械学習とコンピュータビジョンアルゴリズムを使用していると同社は述べます。ただし、現在はまだ開発中で、初期のアクセス権はパートナーだけとしています。映像も公開されています。公式ページはこちら。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る