顔の筋肉運動からフェイストラッキングするVRヘッドセットベースの技術「Faceteq」

英国ベースのVRスタートアップ「Emteq」は、VRにおいて筋肉の動きで作成された電気信号を読み取るフェイストラッキング技術「Faceteq」を明らかにしました。

faceteq

HMDの内側に、筋電図(EMG)および電気眼球図記録(EOG)のセンサーが使用され、カメラベースではなく生体センサーで目や額、頬などの筋肉運動を追跡するフェイストラッキング技術です。記録したデータは、アバターへ送信したり、ゲーム内の感情コントロールで機能したり、ユーザーの疲労を警告したりに使用される予定としています。

同社は、以前KickstarterにてフェイストラッキングVRヘッドセット「Veeso」をキャンペーンしていたチームでもあります。装着者の顔の表情をキャプチャし、リアルタイムに転送できるフェイストラッキング付きモバイル向けVRヘッドセットです。

d70ad7cf85a73ec57f690f497937f0a2_original

HMDの内側と口元にカメラやセンサーを配置し、装着者の目や口を追跡するほか、視線や眉、あごの動きといった細かいところまでキャプチャします。Kickstarterでは目標に達成せずキャンセルになりましたが、現在Indiegogoにて再度挑戦しています。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る