インテル、Google Tangoで採用されたチップ開発の「Movidius」を買収。VR/AR/MRでも活用されるRealSenseの強化へ

現地時間2016年9月5日、Intelはスタートアップチップメーカー「Movidius」を買収したことを発表しました。

1473139549-Intel-and-Movidius-sep-5_1425x830_1425_830_s_c1

Movidiusは、Google Tangoで採用されたビジョンプロセッサを提供していることで有名になったスタートアップです。他にもDJIのドローン「Phantom 4」に搭載、衝突回避で使用されていることで知られています。

Movidiusは、低消費電力かつ高性能なSoCを開発できるチームで、熱問題やバッテリー問題を解決してくれることで注目されていました。

インテルは、Movidius技術と組み合わせることで同社のRealSenseデプスセンシングカメラを最適化および強化させ、カメラからのトラッキング、3Dマッピング、物体認識、認証、衝突回避、ナビゲーションなど、3次元で世界を見るコンピュータビジョン技術向上を目指します。具体的には、AR/VR/MR、ドローン、ロボット、デジタルセキュリティカメラでの活用を挙げています。

intel

Project Alloy

また、インテルは先月ワイヤレスでオールインワンのスタンドアロンVRヘッドセット「Project Alloy」を発表しています。RealSenseが搭載しており、手のトラッキングやリアルタイムの3Dマッピング、現実世界とVRを融合を可能にし、さらにはInside-out方式による位置追跡も可能にするデバイスです。Movidiusテクノロジーによる強化が期待されます。Project Alloyの過去記事はこちら。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る