中国TCL、ワイヤレスオールインワンのスタンドアロンVRヘッドセット「Alcatel Vision」、スマホと接続の360°カメラ「Alcatel 360 Camera」を発表

中国ベースのTCL Communicationは、ワイヤレスオールインワンのスタンドアロンVRヘッドセット「Alcatel Vision」と、スマートフォンなどに差し込んで使える360°カメラ「Alcatel 360 Camera」を発表しました。

Alcatel Vision

スマートフォンやPCを必要とせず、VRヘッドセット単体で機能するシステムです。目あたり1080×1020のAMOLEDパネルを2つ搭載、120°の視野角、レイテンシは17ミリ秒、加速度センサーやジャイロスコープなどのセンサーも搭載、8コアCPU、ストレージ32GB、3GB RAM、バッテリー3,000mAh、WiFi、Bluetooth、LTEも機能、といったスペックです。

402940

Alcatel 360 Camera

210°の魚眼レンズを2期搭載の360°カメラで、スマートフォンに差し込んで使用します。ただし、同社のalcatel IDOLフラッグシップシリーズ「Idol 4、Idol 4S、Pop 4S」にマイクロUSBポートで接続し動作するとしています。

402939

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る