Microsoft Kinect➕HTC Vive➕Unityで現実とVRを合成し出力するリアルタイムMR技法を実証した映像が公開

Microsoft Kinect、HTC Vive、Unityを使用した現実とVRを合成して同時に表現するMR技法をリアルタイムに行ったプロジェクト「Proof of concept」のプロトタイプ映像が公開されました。開発したのは、ロンドンベースのエンジニアAlex Anpilogov氏率いるチームです。

proof3

Proof of conceptは、深度カメラを使用してリアルタイムなVR体験をMRビューとして出力できるシステムです。リアルタイムを可能にするので、展示会やイベント、ライブデモで使用できるのではと述べています。

proof2
(モニターの裏にはKinectがセットされています。)

従来のMR技法はブルーバック(クロマキー合成)を軸にしており緑のスクリーンを用意する必要がありますが、今回の方法は必要としません。その代わり、ルームスケールVR内に向けてKinect v2を設置します。固定された角度の合成映像を任意のモニターにリアルタイムに映すほか、深度カメラ搭載デバイスによる追跡可能なPOVも可能にします。映像では、モニターの裏にKinectとViveコントローラーを取り付けて追跡できるようにしています。

proof

映像はこちら。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る