ノキア、プロ向けVRカメラ「OZO」を15,000ドル値下げ。中国市場に向けて次なるステップ

Nokiaは、自社のハイエンドVRカメラ「OZO」を15,000ドル値下げしました。公式サイトでは、60,000ドルだった価格が45,000ドルとして表示されています。

ノキア

発表記事によると、映画制作者や放送局などプロのコンテンツメーカー向けというのは変わらず、中国市場で拡大させるため、新しいグローバルな価格とそのビジョンに向けた次のステップのため値下げしたと述べています。現に、OZOコンテンツを配信するために中国のオンラインビデオ会社「LeEco」と提携し、LeVR経由でのVR展開を計画しています。

9月より中国市場で注文を開始し、10月出荷を予定としています。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る