インテル、VRと現実を融合できるスタンドアロンの新HMD「Project Alloy」を発表

現地時間8月16日、Intelはサンフランシスコで開催する開発者カンファレンス「Intel Developer Forum(IDF) 2016」において、ノーケーブルの単体で動くスタンドアロンHMD「Project Alloy」を発表しました。プロセッサやセンサーが内蔵しているため、スマートフォンを差し込んだり、PCと有線で繋げたり、外部センサーに頼ることなく単体で動作します。

intel2

VRヘッドセットのように目を覆っているためVR空間へのアクセスを可能にします。そして、インテル技術の3Dセンサー「RealSense」を搭載しているため、手のジェスチャーを認識するほか、目の前の現実環境を奥行き含めた立体的にリアルタイムで認識、AR的に現実世界とVR空間を融合することができるとします。インテルは、それを「Merged(融合) Reality」と呼びます。

intel

Oculus RiftやHTC Viveのように外部センサーやベースステーションによって位置を追跡するのではなく、Inside-out方式でHMD側のカメラから検知を実行します。それにより、外部センサーやケーブルに頼らずリアルタイムによる認識を可能にするという仕組みです。

そして、「Project Alloy」は、2017年にリファレンス・デザインやAPI含めオープンプラットフォームを実施する予定としています。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る