Samsung、OTOYとの提携で新型Gear VR向けWebブラウジングを高品質に改善

Samsung Electronicは、現地時間8月2日新型スマートフォン「Galaxy Note7」と新型のGear VRを発表しました。海外で8月19日より販売され、価格は99ドルです。日本での販売は未定。

gearvr2

Gear VRは、色がブルーブラックに変わっており、視野角も96°から101°と広角になっています。質量もフロントカバーなしで312gと6g軽量化。そして、外側にHOMEボタンが追加され、どこからでもOculus Homeに戻れるようになりました。その横には、バックキーが整備され、下にタッチパッドが整備されています。

gearvr1

対応機種は、Galaxy S7/S7 edge、Galaxy Note5、Galaxy S6 edge+/S6/S6 edgeと今回同時に発表したGalaxy Note7になります。USB-CマイクロUSB対応するためのコネクタも同梱されます。

gearvr3

OTOYと提携でWebブラウジングを改善

さらに、Samsungは、Geat VRにおけるWebブラウザアプリSamsung Internetの新しいWebブラウジング改善のため、クラウドベースのレンダリング技術を開発するグラフィック会社「OTOY」と提携しました。アップデートは今回の新型Gear VRに合わせて数週間後にする予定です。

gearvr5

アップデート後は、OTOYのORBXフォーマットからのキューブマップレンダリングによる高品質なブラウジング体験を提供するとしています。そして、背景画像を変更したりのカスタマイズ機能も追加。さらに、新型Gear VRへUSB経由で360°ビデオを読み込み視聴することも可能になります。

映像も公開されており確認することができます。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る