Valve、VR空間を作成し共有できる無料オーサリングツール「Destinations」マルチプレイヤー機能を追加

Steamを運営するValveは、2016年6月に早期アクセスとしてリリースしたVRコンテンツ作成パッケージ「Destinations Workshop Tools」の無料アップデートをしました。更新プログラムには、マルチプレイヤー機能が追加され他人とアバターベースで交流することを可能にします。

DESTI

Destinations Workshop Toolsとは

Valveのゲームエンジン「Source 2」をベースにしたもので、ユーザーがVR空間を制作/共有できるオーサリングツールです。HTC ViveおよびOculus Riftに対応しており、「Steam Workshop」との連携もしています。

写実VRシーン

写真測量(Photogrammetry)による写実VRシーンの作成も可能。ソフトウェアRealityCapture、PhotoScan、Autodesk ReMake、3DF Zephyrなどを使い複数枚の写真から3Dモデルを作成することができ共有を可能にします。

Valve-compressor

マルチプレイヤー機能

今回のアップデードにより作成したVR空間内をアバターベースで共有できるようになりました。アバターは、手と顔だけのシンプルなもので音声によるボイスチャットで意思疎通をとることができるほか、メニューからオンライン状態の知人を見つけることが容易にできるようになりました。

Destinations Workshop ToolsのSteamページはこちら。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る