AMD、VRコンテンツ開発向けPolarisベースのグラフィックスカード「Radeon Pro WX 7100」を発表。360°映像のリアルタイム編集技術「Project Loom」も発表

AMDは、SIGGRAPH 2016に合わせて開催したイベントにて、VRコンテンツ制作向けとしたPolarisベースのグラフィックスカード「Radeon Pro WX 7100」を発表しました。

radeon-pro-wx-7100

Radeon Pro WX 7100は、AMDのPolarisアーキテクチャ上に構築されており、プロのVRコンテンツ開発のための最も手頃なワークステーションソリューションであると述べています。演算ユニット数は32基、GPUメモリは8GB、5TFLOPS、最大5Kをサポート。

また、Radeon Pro WX 7100のほかに、「Radeon Pro WX 5100」と「Radeon Pro WX 4100」の下位モデルも発表しました。いずれも、出荷は2016年第4四半期を予定としています。

Project Loom

さらに、360°映像をリアルタイムにスティッチングするための技術「Project Loom」も発表しました。

amd-project-loom-360-video-stitching-680x383

Project Loomは、最大24カメラからのビデオフィードをリアルタイムにスティッチングでき、VRヘッドセットおよびモバイル・デバイスへ4K解像度では30FPS、1080pでは60FPSで出力することを可能にするとしています。

あわせて読みたい

NVIDIA、PascalベースのQuadro P6000/P5000を発表。VRビデオストリーミング配信を助ける | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る