NVIDIA、PascalベースのQuadro P6000/P5000を発表。VRビデオストリーミング配信を助ける

NVIDIAは、Pascalベースのワークステーション向けグラフィックスカード「Quadro P6000」と「Quadro P5000」を発表しました。

qn

Quadro P6000では、CUDAコア数3,840基(TITAN Xの3,584基を上回る)、メモリGDDR5X 24GB、演算能力12TFLOPS、最大消費電力250Wというスペックを誇り、Quadro P5000では、CUDAコア数2,560基、メモリGDDR5X 16GB、演算能力8.9TFLOPS、最大消費電力180Wというスペックを誇っています。

nvidia-quadro

そして、2016年7月24-28日に米カリフォルニア州アナハイムで開催のCGおよびインタラクティブ技術の学術的祭典「SIGGRAPH 2016」では、Adobe Researchが提供するリアルタイム3D油絵シミュレータのデモや、同時に発表した「VRWorks360 Video SDK」と組み合わせた4Kビデオフィードをリアルタイムに編集するデモなどが行われます。

あわせて読みたい

AMD、VRコンテンツ開発向けPolarisベースのグラフィックスカード「Radeon Pro WX 7100」を発表。360°映像のリアルタイム編集技術「Project Loom」も発表 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る