GoPro、新たな小型360°VRカメラによるライブ生配信テスト映像を公開。レース用バイクの後ろに装着し走行

GoProは、新たな小型360°VRカメラのパイロットテスト映像を自社のYouTubeアカウントで公開しました。

GoPro

MotoGP(ロードレース世界選手権)と提携しているGoProは、レース用バイク後方にカメラを取り付けレースを走行します。2つのレンズを搭載したカメラは、360°映像をキャプチャするほか、ライブ中継を可能にするためバイク内には同社無線ブロードキャスト「HEROCast」が埋め込まれており生中継を実証します。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る