人物をiPhoneでスキャン→3Dモデル化→3Dアバターに自動変換→VRで使用「Trnio」[VR/ARスタートアップ特集]

Trnio」は、スマートフォンで人をスキャンし自動的にVRなどで使用する3Dアバターに変換する技術を開発中のサンフランシスコベースのテクノロジーチームです。

Trnio_

すでに、iOS向けにiPhoneで人やモノをスキャンし3Dモデル化するアプリをリリースしており、その流れで、最近では3Dアバターを作成することに取り組んでいます。VRゲーム向けをイメージしており、iPhoneでスキャンした3D画像を3Dアバターへ自動変換、VR内で使用するといった感じです。

アプリに関しては、対象をぐるっと1周撮影するだけでスキャンでき、それでいて高解像度の3Dモデルを生成することが可能であることをウリにしています。デモ映像で確認できます。

 

また、アバターの表情をアニメーションで動かすことも開発しています。現時点で公開されている映像はこちらです。

 

公式サイトはこちら。

VR/ARの新たなスタートアップチームを特集しています。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る