Microsoft HoloLens使用。博物館と連動し補完説明を映し出すアプリを開発中「Opuscope」[VR/ARスタートアップ特集]

フランス・パリベースの「Opuscope」は、博物館とVRおよびMRを組み合わせたサービスを開発・展開するスタートアップです。

VRでは、Oculus RiftやGear VRなどを使用しVR内に博物館を再現、リアル博物館では難しいCGを使用した展示品の補完説明をふんだんに使います。MRでは、マイクロソフトのHoloLensが使用され、リアル博物館との連動で補完説明をホログラフィーで映しだします。

Opuscope

VRアプリに関しては、今年夏の終わりにリリース予定とし、MRに関しては2017年までにはリリースしたいとしています。公式ページはこちら

 

VR/ARの新たなスタートアップチームを特集しています。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る