両眼視差を撮影できるGoPro専用3Dカメラレンズ「Vitrima」がプレオーダー開始。価格は69ドル

両眼視差を撮影できるGoPro専用の3Dカメラレンズ「Vitrima」がプレオーダーを開始しました。

Vitirma_Lens

GoProを差し込んで撮影することで、サイドバイサイド両眼用2分割された映像を撮ることを可能にします。右眼と左眼の画像を生成するためにミラーを使用しています。その撮影した映像を、VRヘッドセットで閲覧することもできます。

gopro

価格は、標準で69ドル。軽量版で59ドルです。クラウドファンディングIndieGoGoでも執筆現在キャンペーン中です。発送は2016年7月を予定。公式ページはこちら。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る