世界最小と謳う9軸モーションセンサ「BMX160」が登場。ARグラスなどウェアラブルデバイス向けに開発(2.5×3.0×0.9mm)

ドイツに本社を置くテクノ ロジー企業Bosch Sensortecは、世界最小と謳う9軸モーションセンサ「BMX160」を発表しました

1-BST-22282

pro_BMX160_m_2

BMX160は、スマートウォッチやARグラスのような小型のウェアラブルデバイスで使用するために設計された非常に小さな低消費電力、低ノイズ、絶対方位センサです。3軸の加速度センサ、3軸のジャイロセンサ、3軸の地磁気センサが含まれており、2.5×3.0×0.95ミリメートルに収められています。

商品ページはこちら

合わせて読みたい

見た目が普通のめがねに見えるスマートグラス「Shima」が590ドルでプレオーダー開始したという過去記事です。
完全に通常のメガネ。ARスマートグラス「Shima」が590ドルでプレオーダー開始 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る