Leap Motionを使用したジェスチャー操作による内視鏡外科手術ロボットのデモ映像

ジェスチャー操作による内視鏡手術器具をDIYしたデモ映像が公開されました

デモでは、da Vinci Surgical System(ダ・ヴィンチ・サージカルシステム、ダ・ヴィンチ外科手術システム)のEndoWristsが使用され、赤外線カメラにはVRと相性のいいLeap Motionが利用され、直感的な指の動きに合わせ先端が連動して動く様子が映し出されています。マイコンボードにはArduino Unoを使用。

映像後半では、紙を切る演出も。

leap

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る