Lenovo、Google Tango搭載Androidスマートフォン「Phab 2 Pro」を発表。通常カメラ、深度カメラ、モーショントラッキングカメラの3つを搭載

現地時間6月9日、サンフランシスコで開催されたLenovo Tech World 2016にて、Lenovoは、GoogleのTango搭載Androidスマートフォン「Phab 2 Pro」を発表しました。(同イベントで今までProject Tangoと呼ばれていたのが正式に”Tango”になりました。)

499ドルで9月から米国で販売され、その後グローバルに展開される予定です。

phab

デバイスの背面には3つのカメラが搭載しており、通常の撮影用カメラ(1,600万画素)、奥行きを計測する深度カメラ、そしてモーショントラッキングカメラが備わっています。それらにより、Tangoが得意とする奥行きある3D空間を捉えることができます。

PHAB2

スペックは以下。

  • ディスプレイ 6.4インチ IPS液晶で解像度は2560×1440ドット
  • クアルコムのSnapdragon 652プロセッサ
  • RAMは4GB
  • ROMは64GB
  • Dolby Audio Capture 5.1とDolby Atmosに対応
  • バッテリーは4050mAhが内蔵
  • 指紋認証リーダー搭載

Googleでは、Phab 2 Proを使用したコンセプト映像を3つアップしています。こちらこちらこちら

 

なお、下位モデルとしてPhab 2 PlusとPhab 2も同時に発表されました。Phab 2 Plusは299ドル、Phab 2が199ドルで、Pro同様9月から米国で販売され、その後グローバルに展開される予定です。

(追記:Phab 2 Pro対応ARアプリも登場しました。過去記事参照

合わせて読みたい

Google Tangoのコア技術の1つ「Area Learning(エリア ラーニング)」を簡単に解説した過去記事です。
Google’s Project Tango、一度見た空間を記憶し後で見ても同じだと認識できるコア技術「Area Learning(エリア ラーニング)」とは | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る