Getty Images、VR部門発足。リオ五輪で360°を公式キャプチャ。12,000枚以上の360°イメージを提供へ

シアトルに拠点を置く写真通信社「Getty Images(ゲッティイメージズ)」は、VRコンテンツ制作/配布專門部門「Getty Images Virtual Reality Group」を発足したことを発表しました。

Getty

グループは、これまでに収集した12,000以上の高解像度360°プレミアム画像コレクションを提供すると同時に、すでに2012年のロンドンオリンピックで公式写真エージェンシーになるため国際オリンピック委員会と提携を始めており、今年のリオ五輪でも360°カメラを整備する準備を進めています。

Getty Imagesは、2015年6月に同社の360°プレミアムイメージをOculus Storeにて提供する「360° View by Getty Images」も発表しており、VRへのアプローチはすでに進めています。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る