Epic Games、UE4向けにVRゲーム中のプレイヤーとVR内を合成させる手法「Mixed Reality」を開発/サポートに取り組んでいると発表

Epic GamesのエンジニアJames Golding氏は、TwitterでVRと現実をリアルタイムに合成させる「Mixed Reality(MR)」のサポートに取り組んでいることをツイートしました。

Twitterの画像は、氏が韓国で開催されたUnreal Summitで使用したスライドの1枚です。Unreal Engine 4用に開発しているとのこと。

Mixed Reality(MR)手法

本エントリーで使用しているMRは、いわゆるMicrosoftのHoloLensによるMRとは違う意味合いで、VRを行っている姿を空間内と合成させて視聴者に分かりやすくしたムービーのことです。

HTC Viveローンチタイトルでもある「Fantastic Contraption」を開発したNorthway Gamesが、おそらく初めてMRを開始したチームです。今でもTwitchで週一回MR実況動画をストリーミング配信しています。(過去記事参考

MR手法は、ブルーバック(クロマキー合成)を軸にしているため、一般的には作成するのは困難と言われています。ただ、Northway Gamesは自身のサイトでやり方を公開しているので、できなくはないです。

ValveもViveのプロモーションビデオでMR手法を使用したことで話題になりました。

 

合わせて読みたい

GoogleのVRに3Dペイントする「Tilt Brush」もMR手法によるプロモ映像を公開していました。
Google、VRに3Dペイントする「Tilt Brush」現実とVRを合成した新プロモビデオを公開 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る