HTC、次はモバイルVRへ挑戦。ViveのルームスケールVRも採用。PC向けコンテンツも移植可能予定

HTC 日本の代表取締役社長:玉野浩氏のインタビュー記事でモバイルVRのことが書かれていました。

HTC

まずViveというハイスペックVRデバイスを最初に挑戦したことについては、「ガッカリ体験」をしてほしくなかったからと述べ、その後モバイルVRの話へ。PC向けコンテンツも移植できるようにする予定、そしてValveのトラッキングシステム「Lighthouse」によるルームスケールVRも採用すると述べました。最後に、「ご期待ください」と。記事から一部引用します。

弊社が「Vive」をまずはハイエンドゲーム向けに提供したのは、充実したゲーム環境で「ガッカリしない体験」をしてほしいからです。モバイル化する時には、「Vive」の特徴の「ルームスケールセンサー」はもちろん、コンテンツもパソコン向けのものを移植できるようなシステムを用意する予定です。ご期待ください。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る