リオ五輪の米国サイクリングチームも使用。サイクリング向けARスマートグラス「Solos」

ボストンベースのSolosは、サイクリングスポーツ向けARスマートグラス「Solos」のKickstarterキャンペーンを開始しました

e9a3aeeb35be1e0365d01ecfc221d8d5_original

Solosは、サイクリングする人向けにトレーニング用として開発されているスマートグラスです。現実世界と重ね合わせるようにARとしていろんなリアルタイムデータ機能が表示されます。例えば、スピードメーター、カロリー消費量、ケイデンス、心拍数、距離標高など。スマートフォン(iOS/Android)と連携することも可能。マップおよびナビゲーション、走行中の通話などもできます。

リオ五輪の米国チームも使用

また、Solusは2016年夏開催のブラジル・リオデジャネイロ第31回夏季オリンピックへ出場予定の米国サイクリングチームのスポンサーでもあり、ガジェットをトレーニング用として提供しています。

099b4eb391664b705f796a1ba13c4130_original

今回のキャンペーンは、1台400ドル(早期価格250ドル、メーカー価格500ドル)とし、2016年10月出荷を予定にしています。基本的に発送エリアは北アメリカのみですが、それ以外の国もメールにて問い合わせたうえ可能になるとの事です。募集ページはこちら。(投資には十分ご注意ください。)

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る