現実世界にVR/ARがシームレスに混ざり合った未来都市を描く短編映画「Hyper-Reality」

ロンドン在住のアーティストKeiichi Matsuda氏は、自身の公式サイトにて「Hyper-Reality」と題した現実世界とVR/ARテクノロジーとが混沌する未来都市を描いた短編映画を発表しました。

HV

VR/ARがユビキタスにそしてシームレスに物理世界と混じった生活スタイルを見ることができます。以前にも、繋がりで「Augmented (hyper)Reality: Domestic Robocop」と題したARが現実に混じった生活を描いたコンテンツも発表していました。プロジェクトは2013年に資金調達としてKickstarterキャンペーンも実施しており、188人の支援者による29,386ユーロ(約363.9万円)を成立させています。公式サイトはこちら