Google、高品質なモバイルVRプラットフォーム「Daydream」を発表。Google I/O 2016

Googleは現地時間2016年5月18日、サンフランシスコで開催中の開発者向けカンファレンスGoogleI/Oにて、高品質なモバイルVRを可能にするためのプラットフォーム「Daydream」を発表しました。そして、Daydream対応機器スマートフォン、Daydream向けVRヘッドセットの概要も同時に発表しました。

Daydreamは、スマートフォンを介して高品質なVR体験を可能にするシステムで、対応スマートフォン、VRヘッドセット、専用コントローラ、そして専用VRアプリで構成され、今年秋を起動予定としています。加えて、次期OSバージョン「Android N」にもVR Modeが搭載されるとのことです。

Daydream

そして、Daydreamにおいて、低遅延(20ms以下)など特定の仕様を満たしたスマートフォン「Daydream-Ready Smartphones」に取り組んでいることも発表しました。すでにSamsung、HTC、LG、Mi、Huawei、ZTE、Asus、Alcatelは、Daydream-Readyスマートフォンの制作にコミットしているとのことです。

また、Daydream向けVRヘッドセットのリファレンス・デザインも公開されました。Gear VRのようなシンプルな仕様で、同時にリモートコントローラも公開され、2つのボタンとトラックパッドが仕込まれたモーションコントローラが発表されました。これらを元に、VRヘッドセットメーカーなどサードパーティから新たなヘッドセットが発売されることになります。

google

Googleは、すでにVRアプリパートナーとして、Netflix、Hulu、HBO、WSJ、CNN、New York times、MLB、および多くと結んでいます。加えて、Google play movies、Google ストリートビュー、YouTube、Google PhotosのDaydream/VRモードとして独自VRアプリに取り組んでいることも発表しました。

以下は、デモ公開されたDaydream Home画面です。

daydreamhome

Daydreamの到着は今年秋になりますが、Android Nの開発者向けビルドで開発をすぐに開始できるとのことです。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る