3Dデータ共有サイト「Sketchfab」のVRアプリが登場。RiftやViveの位置追跡にも対応

3Dデータ共有サイトのSketchfabは、WebVR対応機種の増加とネイティブVRアプリを発表しました。VRアプリおよびWebVRは、Oculus Rift、HTC Vive、Gear VR、Google Cardboardで動作し閲覧することを可能にします。

sketchfab2

今年1月、ワンタッチでVRモードに切り替えてGoogle Cardboardで閲覧できる新機能WebVRがサポートされましたが、今回は、そのWebVRの対応VRヘッドセットを拡大したのと、ネイティブVRアプリによる動作で多数のVRヘッドセットをサポートしたことを発表しました。また、RiftやViveに見るポジショナルトラッキングにも対応しており、3D画像内を歩き回ることを可能にします。

VRアプリは公式ページからダウンロードできますが、現在はViveとCardboard(iOS/Android)のみ公開していて、その他は近日公開と表示されています。また、それぞれのプラットフォームでの操作方法に関してはこちらで説明されています。

紹介映像はこちら

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る