Oculus、非営利団体および高校とコラボする2つのパイロットVRフィルムプログラム「VR for Good」を発表

現地時間2016年5月16日、Oculusは、VR制作者の次の世代を鼓舞したいと考え「VR for Good」と呼ばれる2つのパイロットVRフィルムプログラムを発表しました

VR for Good

学生のためのVR映画制作者への挑戦

最初のプログラムは、サンフランシスコ・ベイアリアにある9つの高校を対象として、3-5分の360°フィルムを作成するためにプロフェッショナルな映画製作者と学生が協力します。学生は、サムスンGear VR、ギャラクシーS6、RICOH THETA S360カメラ、編集ソフトウェアへのアクセス、およびVRフィルムメンターを含む360°映画制作に必要なすべてを受信することができます。6週間におよぶプログラム終了時には、Facebook上とOculus Videoで学生が制作した360°映像を視聴することができます。

1463445439

非営利的団体とのコラボレーション

2番目のプログラムは、360°ビデオを通じて社会的任務の多様性をもたらすため、この夏10の非営利団体と10人の映画製作者とでチームを組みます。チームは、Facebook本社で7月26-27日の2日間で映画制作をします。ノキアOZOカメラ、ポストプロダクションのサポート、予算、業界ベテランとのマンツーマン指導を含む360°動画を作成するために必要なすべてを受信します。そして、最初のビデオは、サンダンス映画祭2017で発表されます。

VR for Good専用ページはこちら

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る