VRロボットタンク視点で操作できる。ヘッドトラッキングも完備。Google Cardboard

Freddy Kilo氏は、独自に開発したVRロボットタンクをYouTubeで公開しました。このVRロボットタンクは、本体に搭載されたカメラ視点で操作することができます。

VR Robot

VRロボットタンク本体のフロントには2台のカメラが完備しており、そこから撮影した映像をAndroid端末へライブストリーミングします。

リアルタイム配信された端末をヘッドストラップ付きGoogle Cardboardに差し込んで頭に固定、VRロボットタンクからの映像を見ながら操作します。ヘッドトラッキングも搭載されており、上下左右と顔を動かすと連動して2眼全体が動く仕組みになっています。VRロボットタンク本体の操作にはXbox360のコントローラが用いられています。

動画では、動作確認のほかに映像の遅延テストなども行っています。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る