Wifi経由でVRヘッドセットに映像をリアルタイム送信する2眼カメラ「EYSE」Kickstarterに登場

VRヘッドセットと連携して使用する2眼カメラ「EYSE」がKickstarterキャンペーンを開始しました

フロントに搭載の2つのカメラから撮影された映像は、Wifi経由で遠距離のモバイルVRヘッドセット着用者へリアルタイムに届けられます。映像では、おばあちゃんが孫の誕生日を遠隔からライブで祝うなどのライフスタイルが提示されています。

63cecaf8835277cedd62205ebe6ba4ac_original

カメラは5メガピクセル、13メガピクセルにアップグレードを可能とし、ソケット内の動きは110°でピボット180°の視野を提供します。

マイクとスピーカーも内蔵しており、撮影者と視聴者とで音声会話することができます。衝撃や振動など耐久性にも強く、自転車やドローンに取り付けての撮影、防水性も高く水の中の撮影も可能です。スマートフォンから遠隔操作も可能。充電式リチウムイオン電池によって電力供給され、AndroidとiOS端末に対応です。

価格は、EYSE BASICで349ドル〜(日本への送料25ドル)。出荷予定は10月末としています。募集ページはこちらから。(クラウドファンディングは成立しても頓挫するケースなど不安定ですので、出資には十分ご注意下さい。)

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る