NVIDIA、VRにおける物理ベースのリアルタイム立体音響エンジン「VR Works Audio」を発表

現地時間2016年5月6日、米テキサス州オースティンで開催されているNVIDIAのスペシャルイベント(Twitch)にて、NVIDIAはVRWorksに組み込まれるVR向けレイトレーシングエンジン「VR Works Audio」を発表しました。

vrworks-audio

これは、リアルタイムの物理ベース音響シミュレータで、オブジェクトの跳ね返りを計算した音響効果を3D定位サウンドでもたらします。VR内のコンサートホールを実際のコンサートホール音響のようにリアルな反響を再現します。

このリアルタイムの物理ベースアコースティックエンジン技術を、登壇したNVIDIAの共同創設者でありCEOのJen-Hsun Huang氏はこう述べています。「これは世界初のゲーム内3Dステレオキャプチャシステムである。」VR Wrks Audioのデモ映像はこちら

 

今回のイベント関連記事

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る