米ニューヨーク・タイムズ、購読者30万人にGoogle Cardboard提供を発表。冥王星を可視化したVRコンテンツも同時リリース

現地時間2016年4月28日、米New York Timesは、来月2ラウンド目となるVRプロジェクトの実施を発表しました。同紙の最も忠実なデジタル加入者30万人にGoogle CardboardとオリジナルVRコンテンツを提供するとしています。

NYT

同紙は、2015年11月にもGoogleと提携して購読者100万人以上にCardboardを無償提供し、専用アプリからVRコンテンツを提供するプロジェクト「NYT VR」を実施しました。

今回、同時リリースするVRコンテンツは「Seeking Pluto’s Frigid Heart」と題したフィルムで、冥王星への旅を視聴者にもたらします。フィルムは、同紙が惑星の研究機関「Lunar and Planetary Institute(LPI)」と宇宙の研究機関「Universities Space Research Association(USRA)」と提携し、NASAのニュー・ホライズンズ宇宙船から収集したデータから正確な3D空間を生成しました。

同コンテンツは、NYT VRアプリ(iOS/Android)上で5月19日にリリースされます。同アプリは去年の11月以来、60万以上ダウンロードされているとも述べています。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る