Crytek、VR対応したリアルタイム映画制作ソフトウェア「Film Engine(ベータ版)」を発表

ドイツで開催のイベント「FMX 2016」に合わせて現地時間2016年4月26日、Crytekは、リアルタイム映画制作ソフトウェア「Film Engine(クローズドベータ版)」を発表しました

Film Engineは、自社開発ゲームエンジン「CryEngine」をベースにしていますが、スピンオフとして同名の新会社Film Engineカンパニーを立ち上げています。

film

Film Engineは、Cinebox(Cinema Sandbox)の後継として位置付けられており、映画産業の作品を制作することに焦点が当てられた開発ツールです。VR含め、モーションキャプチャ、カメラトラッキング、ブルーバック合成など、制作段階で使用される技術をサポートし、コンテンツ制作者は、レイアウト、アニメーション、ライティング、レンダリング、グレーディング、編集をリアルタイムに作業することを可能にします。

現在はクローズドベータ版ですが、数カ月後にバージョン1.0を発表する予定としています。公式サイトはこちら

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る