サムスン、カメラ3台搭載のネックレス型360°4Kカメラシステム「AME」を発表。日常生活のライフログ映像を一人称視点360°で記録

2016年4月27-28日に開催のサムスン開発者会議「Samsung Developer Conference(SDC 2016)」にて、ウェアラブル360°VRカメラシステム「AME」を発表しました

AMEは、Around Meの略で、私の周りという意味です。lifeloggingカメラとも表現していて、日常生活を一人称視点360°でキャプチャするカメラをイメージさせています。

1461728739

AMEは、ネックレスのように首から装着する仕様になっています。カメラが3台それぞれ違った方向に搭載しており、4Kで360°の映像を記録します。記録した映像は、スマートフォンのAMEアプリによってスティッチされ、管理もアプリ経由で行われます。また、ジオタグ含めアプリから直接ソーシャルメディアに共有することも可能です。

今回開発したのは、Samsungの社内インキュベーター「Creative Lab(C-Lab)」です。C-Labは先日、耳の前庭に電気信号を送信する事で平衡感覚に刺激を与えユーザーに動きを感知させるVR向け4Dヘッドフォン「Entrim 4D」も発表していました。(過去記事参照

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る