360°実写コンテンツ制作を効率化するVRツールプラグイン「CARA VR(パブリックベータ版)」をThe Foundryが発表。NUKE環境下で動作

現地時間2016年4月19日、英国ベースのソフトウェア開発・提供する「The Foundry」は、VRツールセット「CARA VR」のパブリックベータ版を発表しました。ノードベースの合成ツール「NUKE」の環境内でプラグインとして動作する設計になっています。CARA VRは、360°実写コンテンツ制作のための合成においていろんな面で役立つツールになります。

スクリーンショット 2016-04-21 10.27.48

The FoundryチーフプロダクトオフィサーのAndy Whitmore氏はこう述べます。

Our customers were already using NUKE on VR projects, but CARA VR streamlines those workflows, making high-quality VR content creation faster and easier without leaving the NUKE environment.

当社の顧客はすでにVRプロジェクトにNUKEを使用していたが、CARA VRは、NUKE環境を離れることなく、より速く、より簡単に高品質なVRコンテンツ制作を行え、それらのワークフローを効率化する。

CARA VRパブリックベータ版への登録はこちらから

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る