米ケールブルテレビ2社ディスカバリーとHBOがクラウドレンダリングの「OTOY」に投資。ホログラフィックコンテンツ制作と多様なプラットフォーム配信へ

クラウドレンダリング技術を開発・提供する「OTOY」は、米ケーブルテレビ2社「Home Box Office(HBO)」と「Discovery Communication」から投資を受けたことを発表しました

スクリーンショット 2016-04-20 14.15.27

HBOはセックス・アンド・ザ・シティやゲーム・オブ・スローンズなどで知られ、一方でDiscoveryは、自然・科学などの世界的に知られてるドキュメンタリー番組ディスカバリーチャンネルが代表的、この2社がオリジナルの「ホログラフィックコンテンツ」制作のためOTOYに投資したし、プラットフォームも、VRやAR含めテレビ、モバイル、ウェブ、HTML5、ソーシャル、ウェアラブルと多彩なプラットフォームを通して消費者に新たなエンターテイメント体験を提供するとしています。

キーワードは、ホログラフィックコンテンツであること、そして多様なプラットフォームで配信すること。OTOYはこれらを今回の投資を受けて開発しているとしています。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る