Google、Tilt BrushによるVRアート制作工程をブラウザで閲覧できるプロジェクト「Virtual Art Sessions」を公開。6組のプロアーティストが参加

Googleは、VR空間に3Dの絵をペイントできるアプリ「Tilt Brush」のペイント体験をもう少し身近に感じてもらおうと、プロが制作する作品工程をWebブラウザで閲覧できるようにしたプロジェクト「Virtual Art Sessions」を発表しました。

image00

Virtual Art Sessionsとは、世界的に有名な6組のアーティストにTilt Brushを使用して作品を描いてもらい、描いているシーンを終始観察することができるWebサイトです。閲覧中は、アーティストの視点含め、どの角度からでもぐりぐり移動して見ることができ、作業スペードも倍速、4倍速、8倍速と調整も可能です。参加アーティストは、以下。それぞれいくつかの作品を作り上げています。

  • イラストレーター Christoph Niemann
  • ファッションイラストレーター Katie Rodgers
  • 彫刻家 Andrea Blasich
  • アーティスト Seung Yul Oh
  • 自動車コンセプト デザイナー Harald Belker
  • ストリート アーティスト duo Sheryo & Yok

Virtual Art Sessionsは、大量のデータをリアルタイムにレンダリングするためにGoogle ChromeのV8 JavaScript engineを利用しています。アーティストの物理的な形状の点群データ、アート作品の3Dジオメトリデータ、VRコントローラーの位置情報データなど含め、アーティストや作品の360°を生成するためChromeのWebMWebGLも使用しています。技術的な詳細に関しては、コード含めこちらで公開されています。

6組のアーティストが描く工程を見に行く場合はこちらから。メイキング映像はこちら

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る