YouTube、生配信を可能にする360°ライブストリーミングを開始

YouTubeは、現地時間の2016年4月18日、360°映像のライブストリーミングに対応することを発表しました

スクリーンショット 2016-04-19 11.01.34

去年の3月から360°映像には対応していましたが、今回は生放送による視聴/配信ができるライブストリーミングをサポートとなります。閲覧には、今まで通りPCデスクトップ、タブレッド、スマートフォンを使用しWebブラウザ、およびYouTubeアプリから視聴することができます。配信には、このシステムに対応した360°カメラが必要になってきます。YouTubeもユーザーに配信してもらうため、カメラメーカーやソフトウェアメーカーと提携を進めています。現在、提携を伝えてるのは、VideoStitch、Two Big Ears、ALLie、Vahana VR、Orah 4iが上げられています。

また、同時にライブストリームAPIも公開するとし、ベンダなどは活用することができるとしています。

YouTubeはまた、すでに今週カリフォルニア州で開催される音楽フェスティバル「コーチェラ・フェスティバル」の一部を生配信することが決まっています。

また、これらとは別に、Androidからの視聴およびオンデマンド動画限定ですが、空間オーディオにも対応したことも発表しました。ライブストリーミングへの対応も今後すすめていく予定としています。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る