Facebook、未来のリアルタイムソーシャルVRデモを披露。VR内で自撮り棒を使って記念撮影など

Facebookは、サンフランシスコで開催の開発者カンファレンスF8にて、リアルタイムソーシャルVRのデモを披露しました。

登壇したFacebookのCTO:Mike Schroepfer氏がサンフランシスコから、そしてFacebook本社からMichael Booth氏それぞれがOculus Rift CV1を装着し、VR空間で同時にコミュニケートします。

dsc05826

遠隔の2人は、Unityで制作された3D空間で360°静止画を選択しテレポート、観光をします。キャラクターのようなアバターではなく、3Dペイントで描かれた自分の顔がアバターとなり、それに加え、その場で相手をペイントしてカスタマイズするほか、自撮り棒を使って2人で記念写真を撮ったりも披露しました。そして、何枚か撮影した写真の中から2人で相談し選んだ1枚をFacebookボックスへ投函(同時にFacebookに投稿)するシーンも。

いずれも終始、顔、両手がリアルタイムに反映され、ヘッドトラッキングとOculus Touchによる手のジェスチャーを使って意思疎通を行います。今回は、以前発表されたToy Boxにみるゲーマー向けというよりも、一般向けとして未来の観光を想像させる、未来のソーシャルイメージを提示したようなカタチになりました。デモの映像はこちら

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る