新たな触覚フィードバックアイディア。手の甲から超音波を用いて手のひらの正確なポイントへ触感を伝える「SkinHaptics」

UKにあるSussex大学の研究チームは、今までにないアイディアで手のひらに触感を与えるデバイスを発表しました

それは、手の甲から超音波を用いて送信することで、手のひらに触覚を与えるというものです。この新たな技術は「SkinHaptics」と呼ばれ、触る側の手のひらには何も装着しないのが特徴で、送信側の手の甲も薄いデザインイメージになっています。

original

デバイスは、手を介して超音波を送信するために超音波送信機のフェーズドアレイと超音波の時間反転(time-reversal)信号処理技術を使用しています。この手法は、送信される超音波の波紋から最終的には手のひらの正確なポイントに集束させます。これにより、手を介して集束させコントロールした超音波エネルギーを、手のひらへ知覚する感覚として作成することを可能にします。

スクリーンショット 2016-04-13 14.01.59

SkinHapticsを開発したチームは、Sussex大学のSriram Subramanian教授がリードする「Interact Lab」で、空中触覚フィードバックや空中ディスプレイなどのシステムを主に開発しているラボです。ノキア・リサーチセンターとERC: European Research Councilによって資金も供給されています。

ちなみに、過去のプロダクトを見てみると、卓上空中にスクリーンを映しだす「MisTable」や、空中触覚フィードバックなどがあります。今回のSkinHapticsは、4月8-11日に開催の「IEEE Haptics Symposium 2016」にて発表されました。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る