Facebook、新VR向け360°立体カメラ「Surround 360」に付随するスティッチコードを今年夏にGithubで無料公開

Facebook CEOマーク・ザッカーバーグ氏は、本日開発者カンファレンスF8にて、VR向け360°立体カメラ「Surround 360」の開発とオープンソース化を発表しました

同カメラは、全部で17のカメラを備えており、側面に14個(4096 x 4096、広角77度レンズ、60fps)、上に1つ、下に2つの構成。4K、6Kそして最大8Kの映像を撮影できるとします。下に2つあることで、カメラを支えるポールを消すこも可能。連続撮影時間は約2時間。

1460507362

そして、これらカメラシステムを販売するのではなく、Githubでハードウェアデザイン設計や編集コードを今年夏にオープンソース化するとしています。パーツに関しても、オンラインで3万ドルで入手できるとのこと。

The system includes a design for camera hardware and the accompanying stitching code, and we will make both available on GitHub this summer.

We’re open-sourcing the camera and the software to accelerate the growth of the 3D-360 ecosystem — developers can leverage the designs and code, and content creators can use the camera in their productions.

システムは、カメラのハードウェアのデザインおよびスティッチコードが含まれており、我々はこの夏GitHub上に両方を利用できるようにします。

私たちは、カメラと3D-360エコシステムの成長を加速するためソフトウェアをオープンソース化する – 開発者およびコンテンツ作成者は、設計やコードを活用することができ、その制作にカメラを使用することができます。

同社の発表記事はこちら

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る