Lenovo、エンタープライズ向けNVIDIA VR Ready PC「ThinkStations」を発表。5,000ドル(約54万円)相当のGPU2台搭載。

Lenovoは、NVIDIAとのパートナーシップで初のVR Ready PC「ThinkStations」をGTC 2016で発表しました

P910、P710、P510の3タイプからなり、すべてVR保証としています。P910に関していえば、24ギガバイトのNVIDIA:Quadro M6000s GPU(1台5,000ドル相当)を2台搭載、さらに最近発表されたIntel Xeon E5-2637 v4(996ドル相当)も積んでいます。

Untitledlenovo-p910-thinkstation

quadro-m6000-F

今回はラインナップを公開しただけで公定価格は未発表ですが、ヘルスケアの専門家、製品設計、自動車設計、建築、エンジニアリングなどプロフェッショナル向けとしています。同社は、インテルが投資をしているWorldVizとも提携しており、今回のイベントでもOculus RiftとHTC Viveを使ったデモを実施しています。

ThinkStation P910

  • 2x NVIDIA Quadro M6000 with 24GB VRAM
  • 32GB DDR4 minimum memory
  • Intel Xeon E5-2637 v4 (3.5Ghz)
  • Windows 10 Pro 64-bit

ThinkStation P710

  • NVIDIA Quadro M6000 with 24GB VRAM
  • 16GB DDR4 minimum memory
  • Intel Xeon E5-2637 v4 (3.5Ghz)
  • Windows 10 Pro 64-bit

ThinkStation P510

  • NVIDIA Quadro M5000 with 8GB VRAM
  • 16GB DDR4 minimum memory
  • Intel Xeon E5-1630 v3 (3.7Ghz)
  • Windows 10 Pro 64-bit

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る